ブログトップ

Cafe’ 小邦寡民

shohokamin.exblog.jp

放し飼い鶏の自然卵

かみんで使っているたまご。
e0179206_22195578.jpg

白身がこんなに盛り上がって、黄身もまん丸で色がこんなに濃いんです。
爪楊枝を黄身に刺してみると・・・
e0179206_2220725.jpg

立ちます!
黄身の味が濃く、卵独特の臭さみは一切ありません。
そして白身はぷりぷり♪
こんなに新鮮なたまご、どんなところでどうやって育ててるんだろう?
気になって先日オーナーと養鶏所まで行ってきました。

大分の野間の安部さんがこのたまごを育てています。
もちろん大野川沿いです。
緑いっぱいの自然の中でニワトリ(イサ ブラウン)を放し飼いで育てています。
ニワトリたちは自由にえさを食べたり運動したりしています。
e0179206_22202881.jpg

自由に動き回れるので運動量も多く、食べるご飯の量も多いそうです。
なのでニワトリが大きい!
毛並みもきれいでみんな元気に育っています。
e0179206_22203712.jpg

おいしそう・・不謹慎なことを考えてしまうくらい立派でした。^^

もっと近くで見てみよう!とたまごを産んだり寝たりする小屋へ・・・
e0179206_2222835.jpg

わーニワトリがいっぱい!!コワイ~と思いきや、みんな人に慣れているのか、心優しいのか初対面の私たちをおとなしく迎え入れてくれ、そして初のたまご拾い。
e0179206_22222153.jpg

e0179206_22223166.jpg

さっきまで温めていたのでたまごがあったかい^^貴重な体験です。

えさは米粉・とうもろこしの粉・カキの殻などを与えているそうで、生のままたべるとほのかに塩気があるそうです。
オーナーは採れたてたまごを生のまま食べていました。まるでランボーです。

通常の飼育より時間もかかり、たまごの採れる量も少ないけれど、こうやって自由に健康的に育っているニワトリから産まれたたまごだから新鮮なんです。

この新鮮なたまごをかみんではケーキをはじめサンドなどで使用しています。
安部さんが丹精込めて育てたたまごぜひ一度ご賞味ください。

明日の日替わりサンドは カリカリベーコンとアボガドのサンド です。
明日のケーキは ガトーショコラ ベイクドチーズケーキ バナナのパウンド です。


小邦寡民
営業時間 10:30-18:00 (L.O. 17:00)
定休日 月曜日・火曜日
097-521-3355
097-527-4037(FAX)
050-3802-9020(IP)
九州食肉学問所
[PR]
by shohokamin | 2009-11-19 22:28 | DIARY
<< お休みのお知らせ 寒くなりましたね。 >>